ニキビが出来るメカニズムを知ることで治そう!

ニキビと言えば思春期に顔や首などに赤く腫れをつくる青春の象徴とも言われますが、触れると痛みがあり、周囲を大きく腫れあがらせることから、これが出来た人にとっては深刻な悩みであると言えるでしょう。

ニキビが出来るメカニズムは、思春期ごろから成長ホルモンの分泌が活発化すると、体の細胞分裂がともに活発化し、皮膚や髪も成長させます。



このころから体毛が生えたり、髪の毛も黒く太い髪へと変化します。


大人の体へと変貌する際に代謝のシステムに肌が付いてゆかず、皮脂が酸化し、毛穴を塞ぐと、毛穴の中で細菌が繁殖し、膿をつくり周囲を腫れあがらせます。

これが思春期に出来るメカニズムです。

思春期ニキビは年齢と共に解消しますが、大人になってからニキビが出来るということもあります。

大人に出来る場合は、生活習慣が問題で出来ることが多いでしょう。



思春期に出来るケースと違い、一般には吹き出物などと言われることもあり、2つのケースは概念上同様です。

思春期のケースも大人になってからのケースもしっかりとした肌ケアを行うことが解消への近道となるでしょう。



とくに大人になってからのニキビは、生活習慣の乱れが原因で、動物性油脂を多く含む食事やアルコールの過剰摂取、また、睡眠時間が不十分、肌を清潔に保ち、スキンケアをしっかりと行うなどに注意が出来ていなければ、朝起きて鏡を見ると、紅くポツンと出来ていることがあるでしょう。

いくら洗顔をしっかりとしていても、必要な脂を取りすぎることや、洗顔後の乳液などでのケアをしなければリスクとなることもあります。